2010年12月26日

ユウタービスケットと蓑島騎手とバシケーン

昨日の中山大障害、返し馬の時に蓑島騎手がバシケーンに、逆回りからの5号障害をじっくり見せていたのがとても印象に残っています。2年前、ユウタービスケットと蓑島騎手が怪我をしてしまったあの障害…。

3歳で障害デビューというのと血統とその容姿、名前の可愛らしさから応援していたユウタービスケット。未勝利を勝ち上がり、その次に出走した新潟ジャンプステークスを見事勝利!鞍上の蓑島騎手も重賞初勝利で、ゴール後物凄く嬉しそうにしていて、見ていて何だかより一層幸せな気持ちになりました。

その年の暮れの中山大障害。前走のイルミネーションJSの時に疲れている的なコメントが出ていたので、正直出走するとわかった時は不安しかありませんでした。いつの間にか馬群から姿を消していて。どれだけ必死にその姿を探したか…。競走中止したのは逆回りからの5号障害。ビスケは帰らぬ馬となってしまい蓑島騎手も大怪我。しばらく新潟JSの幸せいっぱいの光景と全く逆のこの日のことが頭の中を回り続けてました。こんな結末、あんまりだと。

障害レースってなんだろうか、本当に好きだったんだろうか、好きでいて良い?、怖い、もう見るのやめる?…と、障害についてグルグル思い悩んでいました。出馬表や結果くらいはチェックしていたものの、しばらくそれまでのように障害レースを見ていませんでした。そんな時期、未勝利の身でオープンに出走している馬を発見。しかも2走も。成績を見ると何度か乗り替わりがあったものの主戦は元々蓑島騎手。一度見たことはありましたが特別意識はしていなかったので、何だかとにかく気になって気になって、今度出走する時は見に行こうと決心しました。そうしたら丁度そのレースが蓑島騎手の復帰戦!私も大障害後、初の障害生観戦でした。人気薄だったのですがなんと2着。嬉しかったなぁ。その馬の名は、バシケーン。それからまた障害レースをちゃんと見るようになりました。
そんな訳でバシちゃんを今のように応援するようになったのは、蓑島騎手繋がりでビスケの存在が関係していたのです。

2008年の中山大障害のレース映像には、最後の障害(5号障害)の奥の方に痛そうに佇んでいるビスケの姿が映っています。本当にちょっとなんですが、あまりにも胸に突き刺さるシーンなのでずっと見ないようにしてきました。マルカラスカルの前走がそれなので参考レースで流れてしまうのでは…と気をつけていましたが、それは杞憂に終わり、参考レースはイルミネーションJSでした。ビスケも出てたのでちょっと切なくはありましたが一安心。けれど発走直前の何年か分をプレイバックする映像に…。バシちゃんがこの過酷なレースに挑むということでただでさえ不安でこれ以上無いくらい緊張して張り詰めていたところに。押し潰されそうな気持ちでスタートを迎えました。道中もドキドキしっぱなしでしたが、結果は最高の結果。
もう一度あの新潟JSの時のようなとびきり嬉しそうな蓑島騎手を見られたらいいな、と思っていました。それが叶って本当に良かった。最高の笑顔でした。あのシーンが流れたのでビスケのことをより強く思い出していたので、何だかいろいろ報われたような気がして余計に泣けました。きっとビスケも見守ってくれてたかなと思います。逆回りからの5号障害、しっかり飛び越えていったよ。

やっぱりまだまだ悲しいけれど、ビスケに出会えて本当に良かった。あの時たくさん考える機会を与えてくれたからこそ、今ハッキリと障害が好きだと言い切れます。ビスケをはじめ、たくさんの大好きな馬たちが活躍した舞台、嫌いになれる訳ありませんでした。そんな大切なことに気付かせてくれてありがとう。これからもずっと忘れない。

ユウタービスケット、蓑島騎手、バシケーン。本当にありがとう。
posted by ▲知紗 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。